関西の大会であるが、関東の大会で無い事
地方大会でのメンバー表の販売
関東地区は大会関係者には配られるが、一般への販売は無い。
(神奈川県はあるとの指摘を受けました。訂正します)
関係者だけの大会ではないので、是非販売して欲しい。
ちなみに関西では200円だったと思う。
関西では決勝戦以外でも王子スタジアム、エキスポフラッシュスタジアム等を使用している。
早稲田東伏見フットボールフィールドを借りているが、日大フェニックススタジアムも打診されては。
高校生に出来るだけ良いフィールドで試合を出来るようにするのも、関係者の努力だと思います。
Xリーグと組むにも一つの手だと思いますが。
関東の大会であるが、関西の大会で無い一寸した工夫
イメージ 1
半券にチェックする場所があり、一寸した工夫で別の日に入れないようになっている。
関西では裏に月日を書くようにしているようだが、徹底されていない。
で、最近気になる記事が有りました。
小児用切符の不正利用は犯罪です、神奈川県警が摘発強化

 

中学生以上が小児用の切符で電車に乗る手口などの不正利用に対し、神奈川県警が取り締まりを強化している。麻生署は、6月1日~8月1日の間に30人を摘発。「摘発を通じ警鐘を鳴らしたい」と話している。

県警は、軽微とされながらも大きな犯罪への入り口となり得る「ゲートウェイ犯罪」を取り締まることで、社会の規範意識を保とうと、不正乗車を目的にした鉄道施設への立ち入りを軽犯罪法違反として摘発を推進。今秋横浜で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議への対応を兼ねて警戒を行った。

麻生署は、管内にある小田急線新百合ケ丘駅で警察官の巡回を強化したところ、6月1日~8月1日の2カ月間で、同容疑の30人を摘発。いずれも書類送検されたか、近日中に同様の処置が取られる。小児用切符や回数券を用いた不正のほか、切符を買わずに改札を突破してしまう手口もあった。内訳は中学生10人、高校生が19人で、22歳のアルバイトも。いずれも「お金を節約したかった」などと供述している。県内では、高齢者や外国人が摘発された例もあるという。

同署は「たとえ軽い気持ちであっても犯罪は犯罪。不正なことだと認識してもらうことで、手を染めないよう警鐘を鳴らしたい」としている。

 

 
中学生が無料の試合で、高校生が中学生と言って入場することを見たことがあります。
”学生証を見せてと言うと持ってない。”
”じゃあ一般券を買ってきて。”
高校生チケットを買って入場してきました。
ファン層を増やす為に目くじら立てる必要は無いとも言われましたが、それならば高校生も無料にすれば良いのでは。
ファンはお金を払って見に来てくれます。

小児用切符の不正利用は犯罪です。これと同じではないでしょうか。
続く